隣との境界をはっきりさせてから一戸建てを購入

一戸建て住宅は自分の土地を保有することになります。土地があるという事は自分の財産になりますので、何かの時には役に立つようなこともあるでしょう。現在持っている土地ではなく、新たに土地を購入して一戸建てを建てることも出来ますし、すでに建っている中古の一戸建てを購入することも出来ます。土地には隣との境界が必ずあるようになります。

ここまでが自分の土地だという事がわかるようになりますので、その境界がはっきりとしていなければ、隣家とのトラブルになってしまう事があるのです。いくらここまでが自分の土地だと主張したとしても、隣家の人が納得してくれなけれもめてしまうことになります。基本的に隣との境界を区別できるものとしては、金属鋲などが打たれていればはっきりとわかるようになるでしょう。しかしこの金属鋲がないことによって、はっきりとわからなくなってしまうのです。

土地を購入するときにはこの境界がはっきりとしていることを確認してから購入するようにしておきましょう。後から主張しても揉めてしまうことになってもいけませんので、そうならないようにする為には購入前にはっきりとさせてもらうようにしておく方がいいのです。隣家とは一生付き合っていくようになりますので、もめる事のないようにできるだけのことをしておきましょう。お互いの意見が食い違うようであればこの先も不安を抱えたままになりますので、購入時にははっきりさせておく方がいいのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.