一戸建て中古住宅を安く購入するには

中古物件でも一戸建て住宅であればそれなりの販売価格となりますので、できるだけ安く購入したいと思うのが普通です。一戸建て中古住宅は販売価格以外にも色々な費用がかかりますので、出費を抑えるには販売業者を選ぶことが大切です。不動産業者は中古物件の買取を行うことはほとんどなく、仲介という形態により販売しています。仲介とは売りたい人の代わりに購入者を探すことを言いますが、仲介を行う代わりに手数料をとるのが基本です。

仲介手数料という名目で契約にあたりとられますが、売主と買主の両方から仲介手数料をとっているのが普通です。現在では買主からは仲介手数料をとらない不動産業者もありますので、買主にとっては出費を抑えることが可能です。売主はこれまでどおり仲介手数料を支払いますので、不動産業者の収入は減りますがその分売買がしやすくなっていると言えます。仲介手数料がないと購入者が積極的になりますので、不動産業者としても確実に仲介手数料を取ることが可能なのです。

一戸建て中古住宅では仲介手数料も高額となりますので、無料で購入できる場合では大きな差がでてきます。仲介手数料を無料とする不動産業者は一部しかありませんので、希望する物件が必ずしも見つかるとは限らないといえます。良い物件押えている不動産業者が仲介手数料無料のサービスを提供していることが条件となりますので、はじめに不動産業者のサービス内容を確認してから物件探しをするのも良い方法です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.